期間限定!導入支援キャンペーン

弊社では、お客様がリモート決算を推進できるように、短期間での課題抽出から実行計画の策定をご支援します。業務・システム・プロジェクトのすべてに精通している弊社の強みを活かして、それぞれのパートナー企業のサービス・ソリューションを束ねるハブとなり、お客様のデジタル変革に貢献できるように努めてまいります。

松本 直也

日本アイ・ビー・エム株式会社
パートナー
次世代エンタープライズアプリケーションズ事業
SAP会計ソリューション担当

オファリング概要

BlackLine クイックプランニング・サービス

■IBMのコンサルタントが、短期間で、現行課題の洗い出し、導入スコープの決定、実行計画の立案を実施します。
■2021年リモート決算に向けて、BlackLineの短期導入・早期活用を可能とします。
■IBMは、会計業務・ERP(SAP)・BlackLineを熟知しており、業務改革・システム連携、導入作業を全面的にご支援します。

オファリング詳細

BlackLineを熟知したIBMのアドバイスにより、クイックに現行課題を洗い出し、スコープ決定、実行計画を立案、その後の短期間導入・早期活用を可能にします。

お客様状況・課題
  • 目的は明確。ソリューションとして、BlackLineを採用する方向性
  • しかし、対象とする勘定・I/F方法等が未確定でどれくらい工数がかかるか不安
ソリューション
  • 1.5ヶ月、6回程度のセッションでスコープの確定、実行計画作成を短期間で効率よく実施
Why IBM?
  • SAP会計コンサルが業務改革からSAP含むシステムデザインまでを担当可能
  • BlackLineを熟知
  • IBM自社でもBlackLineを使用
  • BlackLineのクイック導入実績あり
スケジュール・費用
  • スケジュール: 約1〜1.5ヶ月
  • 費用: お問い合わせください
アウトプット
業務改革・導入方針:

・業務改革方針・施策
・現行の課題一覧
・導入方針

全体ロードマップ:

・改革の中期ロードマップ
・費用試算

システムスコープ・実装方針:

・Blackline導入範囲
・データ連携基盤・実装方針

実行計画書:

・導入スケジュール
・体制
・作業・役割分担