BLACKLINE

お知らせ

ホーム > お知らせ > ブラックライン、新社長就任のお知らせ

ブラックライン、新社長就任のお知らせ

ブラックライン、新社長就任のお知らせ

〜日本法人に新社長を迎え、経理部門のDX推進とさらなる市場拡大を目指す〜

経理部門のデジタル化を推進するクラウド型決算プラットフォームを提供するブラックライン株式会社(日本法人:東京都港区、以下「ブラックライン」)は、202121日付で宮﨑盛光(みやざき もりみつ)が代表取締役社長に就任したことをお知らせします。なお、現社長の古濱淑子は同日付で代表取締役を退任後、アドバイザーに就任します。

宮﨑は直近12年に亘って株式会社セールスフォース・ドットコムにおいてエンタープライズ企業向け営業部門の常務執行役員などのポストを歴任し、いち早くクラウド型業務向けソリューションを多くの企業に提案し、関係を構築してきました。また、チームマネジメントや企業カルチャー醸成の経験も豊富で、今後ブラックラインが日本市場において大きな成長を遂げていくためにその経験と知見が活かせることが期待されます。

新社長 宮﨑盛光

親会社である米BlackLine Incはグローバル市場において2020年は22%成長しており、世界で130か国以上、3,400社の企業、290,000を超えるユーザーに利用されています。FORTUNE500企業の37%がBlackLineを採用しています。日本においては、20207月に日本企業の「リモート決算」実現を目指して国内のITソリューション・サービス提供企業101団体と「リモート決算推進共同宣言」を発表。826日・27日に開催したオンラインイベント「BeyondTheBlack」は1200名を超える方に視聴いただくなど、コロナ禍を経て社会全体でデジタル化やリモートワークの推進が叫ばれている状況を背景に、パートナーシップおよび導入企業が広がっています。

2021年2月1日付で代表取締役社長に就任した宮﨑盛光の略歴は以下の通りです。

宮﨑盛光(みやざき・もりみつ)略歴

1998年 3          法政大学卒業

1998年4          日本リース株式会社 入社

2002年2          ニイウス株式会社 入社

2008年12         株式会社セールスフォース・ドットコム 入社

2012年2          同社 コマーシャル営業本部 部長

2017年2          同社 エンタープライズ営業本部 執行役員

2019年2          同社 エンタープライズ営業本部 常務執行役員

2021年2          ブラックライン株式会社 代表取締役社長(現職)


  • ブラックライン株式会社 代表取締役社長に就任する宮﨑盛光は次のように述べています。

「まだまだ多くのマニュアル作業が存在し、出社を余儀なくされるケースがある決算・経理業務においても、クラウドを活用した業務改革、デジタル化が社員の働き方を改善し、企業の事業継続を支える上で不可欠です。ブラックラインは企業の決算・経理業務をデジタル化した世界『モダンアカウンティング』を提唱し、全世界で3,400社以上の企業に支持され、コロナ禍で重要なデジタルリモート決算、財務体質の可視化、経営の意思決定を支えています。日本においても、企業を支える経理財務部門や経営への貢献余地と大きな可能性を感じています。持続的な企業経営を進めるユーザーにとって、ブラックラインがなくてはならないパートナーとして貢献できることを目指して参ります」

  • ブラックライン米国本社 CEO マーク・ホフマンは次のように述べています。

「過去2年間、前任の古濱氏は強力なメンバーを採用するとともにブラックラインの礎を築き、花王株式会社様、THK株式会社様、日本通運株式会社様など多くの企業に採用される会社に育ててくれました。彼女が情熱と意欲をもって日本でのビジネスを立ち上げてくれたことに大変感謝しています。そして、日本が世界における大きな市場に発展する次のステージを迎えるにあたって宮﨑氏を新社長に迎えられることを嬉しく、そして心強く思います」

【ブラックラインについて】

ブラックラインは決算業務プロセスのデジタル化、リモート決算を実現するクラウド型決算プラットフォーム「BlackLine」を提供しています。「BlackLine」は運用効率向上、リアルタイムの可視化、統制およびコンプライアンスの改善によって、単一の統合クラウドプラットフォーム上で決算業務管理と経理業務の自動化が可能となり、導入企業は継続的な経理モデルへと変革することができます。そして、自動化による経理財務業務の近代化を支援することで、より正確で洞察に富んだ決算報告書の作成と更に効率的な決算処理を実現できます。世界130か国以上、3400社の企業、290,000を超えるユーザーに利用されています。詳しくはwww.blackline.jpをご覧ください。

【免責事項】

本資料は関係情報の開示のみを目的として作成されたものであり、有価証券の取得または売付けの勧誘または申込みを構成するものではありません。本資料は、正確性を期すべく慎重に作成されていますが、完全性を保証するものではありません。また本資料の作成にあたり、当社に入手可能な第三者情報に依拠しておりますが、かかる第三者情報の実際の正確性および完全性について、当社が表明・保証するものではありません。当社は、本資料の記述に依拠したことにより生じる損害について一切の責任を負いません。 本資料の情報は、事前の通知なく変更される可能性があります。 本資料には将来予想に関する見通し情報が含まれます。これらの記述は、現在の見込、予測およびリスクを伴う想定(一般的な経済状況および業界または市場の状況を含みますがこれらに限定されません)に基づいており、実際の業績とは大きく異なる可能性があります。今後、新たな情報、将来の事象の発生またはその他いかなる理由があっても、当社は本資料の将来に関する記述を更新または修正する義務を負うものではありません。

【このプレスリリースに関するお問い合わせ先】

ブラックライン株式会社 PR担当:大徳貴子

TEL:03-4540-4310 Email: takako.daitoku@blackline.com

株式会社井之上パブリックリレーションズ ブラックライン PR担当:北野、妹尾、横田

TEL:03-5269-2301 Emailblackline@inoue-pr.com