リモート決算実現によって企業価値の毀損を防ぐ

新型コロナウィルスは企業に対し、「どう働くべきか?」という前例のない問いを突きつけています。スプレッドシート、組織固有のナレッジ、対人コミュニケーションへの過度な依存をしていては、企業の継続的活動は不可能です。また、経理部門はチームメンバーがリモートで働く環境下における決算業務に対しても、迅速に適応していく必要があります。BlackLineはこの危機的状況の中、リモート決算の定着化を支援します。

リモート決算特設サイト

ピックアップ

経理財務業務
こんなお悩みはありませんか?

会計とモダンファイナンスの未来がここに

BlackLineのモダンファイナンスプラットフォームで、連続性のある会計業務を実現します。
連続会計とは?
プラットフォームを見る

BlackLineが提供するソリューション

決算業務の可視化

タスクやワークフローを階層別に一元管理。何がどこまで進んでいるかが一目瞭然です。手動管理はもう不要。自動アラート機能で決算処理を促進し、効率的な決算業務を実現します。業務が見えるようになると、どこに無駄があるかわかるようになり、最適な人材配置を進めることで生産性が改善します。

親子会社間の照合

親子会社間の債権債務や取引の照合は、最も処理に時間のかかる手続きの一つです。BlackLineの自動突合処理機能を利用すれば、膨大な照合作業を、事前設定したルールにより自動的に突合。瞬時に見つけ出された例外取引にのみ集中して、問題解決することができます。

コーポレート・ガバナンス強化

とりわけ海外子会社の管理は、地理的な問題や文化の違いにより難しいものですが、BlackLineなら遠く離れた場所からもリアルタイムで状況を把握できます。適切なリスクコントロールや標準化された手続の導入により、全体的なガバナンスの水準が向上します。

BlackLineのモダンファイナンスで
財務および会計プロセスの
変革と
簡素化を行います。

直観的なユニファイド・ワークスペース上で、総勘定元帳、銀行その他のデータを素早く比較して差異を確認し、関連書類を添付して、必要な措置を実行できます。

導入によるプロセスの改善例

本社と子会社間の伝票突合作業の場合

異なる仕組みのためExcelで実施をしていた突合作業。マニュアルでの確認作業のため労力と時間がかかっていた。

ルールエンジンにより異常データの抽出が可能。
マニュアル作業は極力最小化されるため、業務効率化が可能に。

お客様企業の成功をBlackLineと共に

  • 130 カ国以上
  • 3,000 社以上のお客様企業
  • 270,000 人以上のユーザー

導入実績一覧を見る

お知らせ

お知らせ一覧を見る

リモート決算プラットフォーム BlackLineの概要

BlackLineは世界で3,000以上の企業が利用している経理財務業務のプロセス効率化、リモート決算を実現するクラウド型決算プラットフォームです。一般的な締め業務をBlackLineがどう最適化するのか、ソリューションの概要についてご確認下さい。

デモのご依頼

BlackLineが貴社のビジネスのためにできることを、その目でお確かめください。

製品デモをご予約ください

ビジネスを拡大しましょう

BlackLineは財務コントロールと自動化分野をリードするクラウドプロバイダーとしてお客様企業の経理財務部門の効率性を高め、リスクを軽減しながら、大幅なコスト削減を図る機会をパートナー企業の皆様に提供します。急速に成長する中規模企業や大企業がビジネス上のニーズへの答えとしてクラウドコンピューティングに注目し続けている中で、BlackLineのパートナープログラムにはビジネスを拡大するための豊富な機会があります。BlackLineパートナーとして、各社様の専門領域の知識を活用して、共に支援するお客様企業のローカルからグローバルまでの様々な要件に対応するソリューションやサービスを実現していただくことで、BlackLineソリューションの価値がさらに高まっていきます。

BlackLineパートナー
プログラムについて

パートナープログラムの申し込み

お気軽にお問い合わせください

03-4540-4310 営業時間 9:00 - 17:30 お問い合わせ