BLACKLINE

お知らせ

ホーム > お知らせ > ブラックライン、ソリューション拡張部門で2021年 SAP® PINNACLE AWARD FOR PARTNER OF THE YEAR を受賞

ブラックライン、ソリューション拡張部門で2021年 SAP® PINNACLE AWARD FOR PARTNER OF THE YEAR を受賞

ブラックライン、ソリューション拡張部門で2021年 SAP® PINNACLE AWARD FOR PARTNER OF THE YEAR を受賞

経理自動化ソフトウェアのリーダー企業として、アクセンチュア、キャップジェミニ、デロイト、EY、マイクロソフトとともに受賞。世界2万以上のSAPパートナーのうち、選出されたのは21社のみ

ロサンゼルス — 2021513 — BlackLine, Inc.社 (Nasdaq証券コード: BL)は今日、SAPパートナーとしての卓越した貢献を認められ、ソリューション拡張部門で2021 SAP® Pinnacle Partner of the Year Award を受賞しました。 SAP (NYSE証券コード: SAP) は、顧客の事業運営をサポートしつつ、SAPとのパートナーシップの発展と成長において優れた成果をあげたパートナーに毎年この賞を授与しており、 SAPからの推薦、顧客のフィードバック、業績指標に基づいて、28部門の受賞者と最終候補が選ばれました。ブラックラインはは、SAPとグローバルリセラー契約を締結したプラチナパートナーです。この契約に基づき、SAPソリューション拡張としてBlackLineのクラウドベースソリューションを提供しており、世界2万以上のSAPパートナーのなかでSAP Pinnacle Awardに選ばれたパートナーは、21社のみです。

SAP SEの最高経営責任者(CEO)を務めるクリスチャン・クラインは、次のように述べました。「インテリジェント・エンタープライズを実現する鍵を握るのは、パートナーです。困難な時期にも関わらず、私たちのエコシステムは、お客様が事業経営の新たな手法を解き明かす手助けをするために、革新力、熱意、卓越性を改めて発揮しています。私たちはともに質の高いソリューション、サービス、エクスペリエンスを提供し続け、SAPのソリューションを活用したお客様の発展と成功を実現します」

2021年 SAP Pinnacle Partner of the Year Award(ソリューション拡張部門) を授与するに当たり、SAP BlackLineSAPの技術を補う世界クラスのクラウドソリューション拡張機能を開発し、SAPソリューションを使用する企業に多大な価値をもたらしたSAPパートナーとして認めています。さらに、当社の技術革新の確かな実績、SAPを用いたカスタマーサクセスとマーケットサクセス、継続的なパートナーシップの成功に向けたSAPへの強いコミットメントも高く評価されました。

 BlackLineの自動化プラットフォーム は、SAP ERP Financials SAP S/4HANA®が提供する機能を補うものです。 統合を通じて世界の監査・財務・経理部門の統制、自動化、データの完全性を高める一方で、標準化されたプロセスによるSAPソリューションとのデータの受け渡しを保証します。 

BlackLineのCEOを務めるマーク・ハフマンは、次のように述べました。「今回の受賞は、世界の一流企業のビジネス課題や技術課題の解決に役立つソリューションを提供する、当社とSAPのパートナーシップの強みを実証するものです。SAP BlackLineは、お客様がSAP S/4HANAを用いたデジタルファイナンストランスフォーメーションの初期段階の一環として、BlackLineのソリューション拡張を導入することの価値を理解できるようお手伝いします。その結果として成長し続け、世界中に新たなロゴが増えています。多くの企業がインテリジェント・エンタープライズへの変革の旅に乗り出すなか、BlackLineは財務部門に働きかけ、トランスフォーメーションを先導し推進できるようにするため、SAPと協力する用意があります」

SAP Pinnacle Awardsは優れたパートナーに脚光を当て、 チームワークへの献身、卓越したイノベーション、お客様の目標達成をサポートする能力などを称えるものです。 

現在、世界の一流企業数百社が、SAPテクノロジーと併せてBlacklineを導入しています。他方でBlackLineERPに依存せず、30以上の主要なソースシステムと統合できます。これも、複数のERPSAPソリューションと併用する企業にとっての、もうひとつのメリットです。BlackLineのクラウドベースソリューションは、以下の名称でSAPソリューション拡張として提供されています。

  • SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine
  • SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine(プレミア版)
  • SAP Intercompany Financial Hub by BlackLine

BlackLineのSAPとのパートナーシップについて、詳しくは こちらをご覧ください。


ブラックラインについて

ブラックラインは決算業務プロセスのデジタル化、リモート決算を実現するクラウド型決算プラットフォーム「BlackLine」を提供しています。「BlackLine」は運用効率向上、リアルタイムの可視化、統制およびコンプライアンスの改善によって、単一の統合クラウドプラットフォーム上で決算業務管理と経理業務の自動化が可能となり、導入企業は継続的な経理モデルへと変革することができます。そして、自動化による経理財務業務の近代化を支援することで、より正確で洞察に富んだ決算報告書の作成と更に効率的な決算処理を実現できます。世界130か国以上、3400社の企業、300,000を超えるユーザーに利用されています。詳しくはwww.blackline.jpをご覧ください。

本プレスリリースは本社が5月6日に発表したものの日本語翻訳版となります。原文はこちらをご覧ください。