BLACKLINE

活用方法

BlackLineで経理・決算業務の変革を実現

リモート決算・監査

1. 生産性向上

手作業の経理業務は、時間とリソースを奪い、リスクを高め、監査とコンプライアンスのプロセスに悪影響を及ぼし、人材を疲弊させます。手作業から自動化プロセスへ移行することにより、さらなる改善活動や、戦略的業務に移行するための余裕を作ることができます。

経理・決算業務における自動化のカギを握るのは、残高照合、明細の突合・チェック、仕訳入力、進捗管理等の厄介な手作業の業務の一元化、自動化、再構成を可能にするBlackLineです。

リモート決算・監査

2. 決算早期化と品質の向上

経済環境の変化に迅速に対応するために、決算の早期化はますます重要な課題となっております。一方で、事業規模の拡大に伴う取引量の増大により、従来型の決算業務ではこれ以上の早期化は難しい状況にあります。さらなる早期化を目指すためには、決算業務として実施していた勘定照合、明細突合や修正仕訳計上などを、ITの仕組みを利用して日々の業務の中に埋め込む、「コンティニュアス・アカウンティング」が有力なソリューションです。

決算カレンダーの短い期間で実施していた業務をより平準化することで、決算業務で実施しなければならない作業量を減らし、より迅速・より正確な財務報告が可能なプロセス・組織に刷新することが可能となります。

リモート決算・監査

3. グループガバナンス強化

グループガバナンスを強化するITの施策として、ERPパッケージによりワンインスタンスで統合するのは非常に有効な施策ですが、それには多大なリソース(期間・人手・コスト等)が必要となり、容易ではありません。よりクイックにグループガバナンスを強化するには、BlackLineをグループ共通の基盤として、各社の業務プロセス・データ・コミュニケーションを有機的に統合するソリューションが非常に有効となります。

個社の経理システム自体には手を入れず、大きな開発をすることなく必要な範囲に限ってシステム間の連携を取ることにより、段階的な展開プロセスを取りつつも、確実にガバナンス強化の道筋をつけることが可能です。

リモート決算・監査

4. BCP対策/リモートワーク対応

BCP対策や多様な働き方を後押しする施策として、各業務で取り扱うデータや情報へいつでもどこからでもアクセス可能・共有可能な仕組み作りが効果的な手法の1つといえますが、BlackLineはそのためのクラウド・プラットフォームとしてご活用いただけます。例えば業務タスクをメニュー化した管理画面において、資料の更新・共有はもちろんのこと、従業員同士のコミュニケーションも取ることができます。

最新のテクノロジーを用いて日々の経理財務業務を行える労働環境は、より多くの有能な人材の獲得につながり、結果的に、組織の強靭化・持続性を高めることにもなります。

リモート決算・監査

5. シェアードサービスの強化

BlackLineを利用することで、伝票入力や債権回収、勘定照合などのSSCで行われていた各業務プロセスの標準化・効率化を強化することができます。また、クラウドシステムは、すべての関係者が簡単にアクセスできるため、SSC責任者や本社経理責任者が業務の進捗状況を管理・監視するのにも役立ちます。

決算業務タスクの可視化により、SSCの責任者は業務プロセスのボトルネックを発見したり、タイムリー性・エラー率・提供コストなどのパフォーマンス指標を業界標準と比較することで、業務の再設計が必要なプロセスを特定することも可能になります。

お気軽にお問い合わせください

TEL.03-4540-4310

営業時間 9:00 - 17:30 お問い合わせ